注文住宅のプラン

京都で素敵な注文住宅を建てるには?

投稿者:

自分の住みたい家を実現するためには注文住宅を建てるのがもっともよい方法です。尤も、多くの人にとって家を建てるという経験は人生に何度もするものではありませんので、どのように進めればよいか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで、伝統ある京都で注文住宅を建てる場合の流れを整理してみました。

理想の土地探し

注文住宅を建てるにあたってまず必要となるのは土地です。すでに土地を所有している人であれば選択の余地はありませんが、そうでなければ一から土地探しを行う必要があります。
土地探しの際に知っておくべきことしては、土地には様々な建築制限が設けられており、所有地だからといってその上に自由に注文住宅を建てられる訳ではないということです。
必ず設けられている制限として建蔽率と容積率があり、これは土地の広さに対して建物を建てられる建坪や延床の面積の割合を定めたものです。例えば、建蔽率50パーセント、容積率100パーセントの50坪の土地であれば、建物の建坪は25坪、延床は50坪が最大ということになります。
さらに、京都の場合には、伝統的な景観を損なわないために建物の高さや外観についても基準があることが多いので注意が必要です。京都の歴史を守るために理解しておくようにしましょう。

土地が決まったら家づくり

土地が見つかったら、次はいよいよ注文住宅を建てることになります。まず行うのは家づくりをどこに委託するかですが、選択肢としては大手の住宅メーカー、デザイン事務所、地元の工務店などがあります。
このうち、住宅メーカーは家づくりについて多くのノウハウを有しており、経営基盤も安定しているころが多いため安心して依頼することができますが、メーカーごとに得意なデザインや建物の作りが異なるため情報収集が重要です。デザイン事務所や工務店もそれぞれに得意分野がありますが、特に京都で長年営業している工務店などは、同地の気候や景観に合った建物を設計してくれることでしょう。
建築業者が決まれば、建物の間取りや住宅設備などの設計について打ち合わせを重ね、納得できる内容になれば建築開始、地鎮祭を行うことが多いですが、その後は上棟や内覧会を経て引渡しとなります。
一連の流れを理解して京都で理想の注文住宅を建てましょう。